*
*
バンコクのお医者さんブレズクリニック -BLEZ CLINIC- > Staff Blog > タイで生活する上で推奨される予防接種とは

タイで生活する上で推奨される予防接種とは

ハッピーソンクラーン!って、ソンクランが終わったタイミングで言います。笑 いいだです。
 

 
皆さん、今年のソンクランは楽しめましたかー??
 
いつもより静かだったような気がするのは僕だけでしょうか。例年アソーク周辺もアロハシャツだらけなのが今回はあんまりスクンビット周辺では見なかったような気がします。
 

 
さて!さてさて!ソンクランが終わったら次に来るのはなんですか皆さん!?
 
・・・そう、ゴールデンウィークですよ!GW!
 
という事で、ブレズクリニックでは新しくワクチンのパッケージをご用意致しました!(ゴールデンウィーク関係ないw)
 
とにかく、これで新しくタイに赴任される方も安心ですね。
 
いつもは僕の日常とかアップしてて
 
『意味ねーな。』
 
と思われているかもしれませんが、今日のブログは意味がありますよ!最後までお付き合い下さい!
 
という事で、まずはパッケージの全貌をご紹介!
 

 
ワクチンパッケージ A 2,990B (破傷風 Tetanus③、狂犬病 Rabies③)
ワクチンパッケージ B 5,990B (A型肝炎 Hapatitis A②、腸チフス Typhoid①)
ワクチンパッケージ C 8,990B (破傷風 Tetanus③、狂犬病 Rabies③、A型肝炎 Hapatitis A②、腸チフス Typhoid①、日本脳炎 JE①)
※HPでの詳細はこちらから・・・http://blez-clinic.com/immunization/
※①、②、③は接種回数です。
※最後まで接種した場合の価格です。
 
こんな感じになっております!念のため画像でも貼っておきましょうね。
 

 

 
今回ご紹介したい内容はこれがメインなのですが、ここで終わらないのが今回のブログの凄いところ!
どんな予防接種がこの国では推奨されているのか、下記2点を解説しながら見ていきましょう!
 
まず1点目、
 
『自分、子供の頃予防接種しましたけど・・・、どれやったかわかりません。・ω・』
 
って方、日本で育った皆様であれば受けてきたであろう予防接種をここに記載します!
 

※WEBはこちらから・・・http://www.nih.go.jp/niid/images/vaccine/schedule/2016/JP20161001.png
 
そして2点目、
 
『これらはタイでどれ程必要なの?実際必要ないのに煽ってるんじゃないの?』
 
という方のために、日本の厚生労働省(及び外務省)のHP(政府系の英語サイトも交えて)を参照してチェックしてみましょう!
まずはHPをチェケラ。
 
A型肝炎、B型肝炎、破傷風、(狂犬病*1)、(日本脳炎*2)
*1:犬や野生動物との接触が予想される場合は推奨
*2:農村部に長期滞在する場合は推奨
 
これでもう皆さんは、ご自身がどの予防接種を推奨されているのか把握出来ていると思いますが、敢えて続けたいと思います。
 
パッケージに含まれる疾病ごとに、
1 どんなものでどんなリスクがあるのか、
2 厚生省及び外務省HPでタイでは推奨されているのに、日本で任意となっているもの、
3 日本で定期予防接種に指定されているが、免疫持続期限が切れている可能性があるもの、
 
をまとめてみたいと思います!↓↓これ地味に役立つと思います。
 
 
 
■破傷風 Tetanus③ パッケージ A、C
土壌中に存在する破傷風菌が傷口から体内に入る事で感染します。タイで生活していて土に触らない、水たまりに入らないって方、いないですよね。これは、厚生省及び外務省HPでも推奨されているのに、子供の頃の定期予防接種の項目に入っていないので、ほとんど全ての人が必要としているのではないでしょうか。
 
■狂犬病 Rabies③ パッケージ A、C
そこら中にいますね、犬。あまり説明は要らないと思います。こちらは任意の予防接種には入っておりますが、子供の頃打ったのか覚えていない方、打たれることをお薦めします。厚生省及び外務省HPでも”推奨(出来れば受けてください)”とのこと。
 
■A型肝炎 Hapatitis A② パッケージ B、C
A型肝炎は、食べ物や生水から感染する可能性があるウイルスです。外食時の氷、生のカキを食べる方、要注意ですね。これは日本では任意の予防接種。という事は、、覚えてない方は打つことをお薦めします。厚生省及び外務省HPでも推奨されております。
 
■腸チフス Typhoid① パッケージ B、C
チフスも汚染された食べ物や生水から感染する菌の1つ。タイで生活する上では、このリスクが無い方は少ないはず。予防接種は日本では定期でも任意でもないので、ご自身で赴任前に選んで受けられてない場合は、大抵受けてないかと予想出来ます。こちらは何故か外務相HPでは言及されていませんが、英語で調べると”推奨される予防接種”として結構出てきます。まぁ用心に越した事はないのでしょうか。
※参考URL・・・https://www.iamat.org/country/thailand/risk/typhoid-fever
※参考URL・・・https://wwwnc.cdc.gov/travel/destinations/traveler/none/thailand
 
■日本脳炎 JE① パッケージ C
蚊を媒介として感染するウイルスですが、医療業界の中では治療が困難とされ、予防が最も大切な疾患であると言われております。こちら定期予防接種の項目に入っておりますんで、多くの方が受けているはずですが、免疫持続期間が4〜5年となっており、25歳までに追加接種をしていない方は初回からやり直しを推奨されているのが、意外と知られていない事実。英語で検索すると、”selective vaccinations”とのことです。特に北部東北部ではリスクがあると記載しておりますね。国内出張が多い方はお気をつけて下さい。
※参考URL・・・https://www.iamat.org/country/thailand/risk/japanese-encephalitis
 
■B型肝炎 Hapatitis B③ 番外編(パッケージ外)
血液、体液からウイルスが体内に入る事で感染する疾病で、東南アジアでは症例が多く出ております。当然厚生省及び外務省HPでも推奨されております。こちらは最近定期予防接種化されたもので、今日現在でタイで働かれている方は受けていない方が多いのではないかと予想出来ます。そして気になる免疫持続時間は、最低でも15年、20年以上は持つとされております。ただ、それ以上は個人差が出るようです。ブレズクリニックではB型肝炎は慢性化する可能性が比較的高く、感染している状態での予防接種で免疫が形成されない事から、摂取前に抗体検査をしております。こちら下記にオプション検査一覧を記載致しますので、パッケージに併せてご利用頂けると幸いです。
 

どうですか皆様、結構知らない事って多くないですか。特にアソークの周りには働かれている方が多いので、日本の方にタイでもご活躍頂けるように健康管理においてサポートをしてきたいと思います。
 
最後になりますが、ワクチンパッケージ以外も健康診断パッケージ(下記参照)も充実してますので、お気軽にご相談下さい!
 
■話題の性感染症検査はこちら・・・http://blez-clinic.com/sticheckup/
 
■年に一度の健康診断もブレズクリニックで・・・http://blez-clinic.com/healthcheck/
 
PS もうすぐオンラインで予約を受けれるシステムを導入しますので、ご期待を!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA